JRCメンバー青少年の主張大会で発表

HOME>>新着情報>>JRCメンバー青少年の主張大会で発表
2015年09月09日

JRCメンバー青少年の主張大会で発表

 昨年、青少年赤十字のメンバーとして韓国を訪問したさいたま市立浦和高等学校の井上琴音さんがその時の経験や思いを“平成27年度未来を担う私たちの主張(青少年の主張大会)”で発表しました。
 井上さんの発表テーマは「偏見をなくせば世界は変わる」です。
 昨年の韓国派遣の時、日本の報道では日韓関係について、あまり良好とはいえない内容が連日流れている時期でした。しかし、実際に訪問してみると韓国の人々の気遣いや優しさに触れ、ニュースとは違う韓国を見たと言っていました。
 その後、ヘイトスピーチが新大久保で行われたことを知り、「見方が偏ってしまっていると思う。偏見をなくし互いをよく知ることが大事。一人ひとり異なる考え方を持っているがたくさんの視点から考えてみたい。」と発表を結びました。
 高校生・一般の部の応募数は4117名。その中から選ばれたことはたいへん名誉なことと思います。井上さんこれからも頑張って!


賞状授与の様子


大会では、優良賞を受賞しました