『青少年赤十字リーダーシップ・トレーニング・センター』を開催しました

HOME>>新着情報>>『青少年赤十字リーダーシップ・トレーニング・センター』を開催しました
2015年09月10日

青少年赤十字リーダーシップ・トレーニング・センターを開催しました

 青少年赤十字のプログラムのひとつに、リーダーシップ・トレーニング・センター(以下「トレセン」)があります。
 『気づき』『考え』『実行する』の態度目標のもと、集団生活や体験学習などを通し、自分らしいリーダーシップのとり方を身に付けることを目的に、毎年、夏休みに開催しています。
 今年は、高校生対象のトレセンを8月10日(月)から8月12日(水)まで長瀞げんきプラザを会場に、小・中学生対象のトレセンを8月17日(月)から8月19日(水)まで加須げんきプラザを会場にそれぞれ開催し、高校生26名、小・中学生61名の児童・生徒が参加しました。
 参加した児童・生徒は、初めて出会う他校の青少年赤十字メンバーとともに野外活動や班別発表に取り組む中で「積極的な自分になれた」「自分を変えることができた」と、大きな成長を遂げたようです。


集合写真(高校生)


集合写真(小・中学生)

小学校6年 男子

ぼくは、この3日間で、自分でいろんな決断を下せるようになりました。自分にとって先生に何も言われずに行動するということは、一度も体験したことのないものでした。失敗しないように注意深く時計を見ることができました。ホームルームで団結力を築くことができ、自分のからをやぶることができました。トレセン最高!

中学1年 女子

この3日間皆さんに会えて本当に良かったと思います。赤十字について、リーダーについて、ボランタリーサービスなど学校で活かせることなどもたくさんありました。係などを決めるときには自主的に、先生の指示も少なく、それぞれのリーダーシップがこのトレセンを支えていることを、改めて実感しました。「気づき・考え・実行する」ことの大切さ、クラスなどでも実践していきたいと思います。たくさんの方々の協力があってこそ物事が成り立ったり、成功したりする事、忘れないようにしていきたいです。これからは、困っている人がいたら、今まで以上に助けられる人になりたいと思いました

高校1年 女子

私はJRC部に入ったばかりで、青少年赤十字の概容や活動内容など、知らないことが沢山ありました。しかし、このリーダーシップ・トレーニング・センターを通して、活動・態度目標、赤十字の成り立ちを非常に詳しく勉強し、知識として吸収することが出来ました。ホームルーム、フィールドワーク、ワークショップ作成と、楽しい時間の中にも「自分の意見をしっかり持ち、それを周りの人に伝えることが大事である」等、学ぶことが多かったです。これからの学校生活でもここで習ったことを活かしていきたいです。


みんなで一緒に朝のつどい


みんなで考えて、問題解決!


手当の仕方を学びました


チームワークで関門を突破!