救急法競技会を開催しました

HOME>>新着情報>>救急法競技会を開催しました
2015年11月05日

救急法競技会を開催しました

 埼玉県支部では、毎年、日ごろ学んだ赤十字救急法の成果を発揮する機会の1つとして「救急法競技会」を開催しています。
 今年は、平成27年10月31日(土)に草加市スポーツ健康都市記念体育館を会場に開催、県内の赤十字奉仕団や青少年赤十字(JRC)加盟校、一般参加者など延べ128名が選手として参加、応援者と併せて200名以上の皆さんが会場に集まりました。
 競技は、AEDを使用しての一次救命の実技を行う心肺蘇生競技と三角巾を使用したケガの応急手当を行う三角巾競技に別れ、各チームが日ごろ学んだ救急法の成果を発揮しました。



 心肺蘇生競技では、赤十字の講習会で学んだ傷病者発見から救急隊に引き継ぐまでの手順を2人1組でどれだけ正しく行えるかを競います。



 三角巾競技では、2人1組で1人づつその場で指示された傷病箇所を三角巾を使って応急手当を行います。手技の正確さと2人の行ったタイムで競います。
 参加者からは「救急法を誰かと競いながら行うことが初めてで緊張した」「大勢の声援のなか行えて楽しかった」などの声が聞かれ、皆さん楽しみながら競技を行っていました。
 来年は、秩父市で開催を予定していますので、皆さんぜひご参加ください。