韓国の烏山市(おさんし)をはじめとする代表団から熊本地震災害義援金をお預かりしました

HOME>>新着情報>>韓国の烏山市(おさんし)をはじめとする代表団から熊本地震災害義援金をお預かりしました
2016年06月06日

5月27日、谷ケ崎日高市長を通じて、日高市の友好都市である韓国の烏山市(おさんし)をはじめとする代表団から、熊本地震災害義援金525,000円をお預かりしました。
 義援金は21日に行われた高麗郡建郡1300年記念祭で寄付されたもので、烏山市をはじめ京畿道(きょんぎど)、九里市(ぐりし)の代表団が記念祭に訪れ、市長に手渡されたそうです。
 代表団からの義援金を受け取った谷ケ崎日高市長は、「責任を持ってお届けし、被災された方々の復興に役立ててほしい」と自ら義援金を持参して日赤埼玉県支部を訪れてくださいました。
 お預かりした義援金は義援金配分委員会や各地方自治体を通して、すみやかに被災者の方々へお届けいたします。

谷ケ崎日高市長(左)と真下日本赤十字社埼玉県支部事務局長(右)